【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

【使わないと損】自分に合った間取り図を、無料でつくってもらう方法

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 間取り決めで損をしたくない
  • 住宅会社から提案された間取りに、納得いっていない
  • 間取りで後悔しないか不安…

家づくりで後悔しないために、もっとも大切なのが間取り

間取りは、「やっぱりこうすればよかった」と、あとで失敗に気づいても変えられず、大きな後悔になってしまいます。

とはいえ、暮らしに合った間取りを考えるのはプロでも頭を悩ませるところ。

素人のわたしたちにとっては、すごく難しいですよね。

くるみ

頭を悩ませても、いい間取りはなかなか思い浮かばない……

あき

住宅会社の人に、要望を伝えて、間取りを何度も作り直してもらっても、どこかしらマイナスな部分があるんだよね……

間取りで後悔してしまう大きな原因は、

間取り図を見る経験が足りていないから。

  • 間取り図を、一つしか検討していなかった
  • どんな間取りが自分に合うのか、分かっていなかった
  • 生活が便利になる間取りのアイデアを知らなかった

自分の暮らし方に合わせた間取り図を集めて、たくさん見比べた経験があれば、間取りで後悔する確率はぐっと減らせます

くるみ

わたしも、無料で家づくりのヒントを得ることができたよ!

この記事では、

自分に合った間取り図を、無料でつくってもらう方法」 を解説します。

わが家は実際に間取りをつくってもらって、間取り決めに大いに参考にさせてもらいました。

家づくり中の人なら、やっておかないともったいないので、この記事を参考にして、間取りをつくってもらってくださいね。

▼ 間取りがもらえるのは、こちらのサイト

タウンライフ家づくりは、利用者累計112万人。家づくりをする多くの人が利用している、【あなただけのオリジナル間取り・見積もり・カタログ】をもらえるサイト。

  • 完全無料で、契約の縛り・仲介手数料など一切なし
  • 誰とも顔を合わせず、オンラインで完結
  • デメリットは、営業電話・営業メールがくること(対策が可能

\利用者112万人!家づくり中なら使わないと損/

(申し込み後のお断りは自由です)

くるみ

わが家も利用したよ♩

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

タウンライフで、オリジナルの間取りがつくってもらえる

小上がりスペースから見たリビングと壁掛けテレビ

タウンライフ家づくりは、全国600社以上の企業が登録する、「間取り・見積もり・カタログ」の無料請求ができるサイトです。

▼有名大手企業も多数提携。

 

▼注文住宅系サイトの利用者アンケートでは、3冠を達成。

要望に合わせた、オリジナルの間取りがもらえる

自分が叶えたい間取りの要望を記入して送信することで、住宅メーカー各社が要望に合わせた間取り図をつくって送ってくれます。

家を建てるときには、何かしらの叶えたい要望がありますよね。例えば、

  • 日当たりがよく開放的なリビング
  • 子どもを見守りながら、家事ができる間取り
  • 平家で、老後も安心して使える設計
  • 便利な回遊動線で、家事がしやすい間取り

タウンライフ家づくりを利用すれば、あなたが出した要望に合わせて、各社が間取りを作成し、メールや郵送で送ってくれます。

こちらは、わが家がタウンライフに申し込んで、つくってもらった間取りプラン。↓

実際にわが家がもらった間取りプラン
あき

出した要望に合わせて、すごく丁寧に考えてくれて間取り図を送ってくれたよ。

くるみ

もらった間取りと、当時検討していた間取りを見比べられたよ。おかげで、もっといい間取りに変えることができた!

自分のしたい暮らしに合った間取り図を、各社のいろんな設計士の方がつくってくれるから、よりよい間取りを考えるために大いに役立ちました。

こんな機会は、他ではないですよ。

利用者112万人!家づくり中なら使わないのは損

タウンライフ家づくりのデメリット

タウンライフは、実は一つだけ、デメリットがあります。

それは、住宅会社から営業の電話・営業のメールが届くこと。

営業電話・営業メールがくる

タウンライフを利用すると、メーカー各社から連絡がきます。

連絡の内容は、要望した内容に関するくわしい質問や、住宅見学会のお知らせなど。

わたしが申し込んだときは、強引な営業とかは特になくて、「資料を発送しました」とお知らせのメールが届く程度でした。

あき

企業からしたら仕方のないことだけど、営業を受けるのはイヤだよね。

「営業の電話」は回避できる

営業の電話が苦手なら、連絡をメールのみにしてもらうことができます。

くるみ

わたしもメールのみでお願いしたよ!

連絡をメールだけにする方法は、

Check!
  1. 記述欄に、「訪問・電話はせず、連絡はメールのみでお願いします」と書く

申し込みの途中でこんな画面がでてきます。↓

タウンライフの記述欄

わたしは、この記述欄に間取り要望と一緒に、「連絡はメールのみでお願いします」という一文を入れました。

そうすると、住宅会社からの電話や訪問での連絡はなく、メールしか届きませんでしたよ。

メールの連絡といっても、間取りの要望について詳しく聞かれて答える程度でした。↓

その他の無料住宅系サービスと比較

住宅カタログ請求のサービスは、タウンライフ以外にもあります。

それぞれの特徴は、次の表のとおり。

スクロールできます
無料住宅サービス提携数特典サービス内容
タウンライフ家づくり
600成功する家づくり
7つの法則
間取り図がもらえる
ライフルホームズ

650はじめての
家づくりノート
カタログ請求のみ
持ち家計画

1002大オリジナル資料カタログ請求のみ
スーモ
550なしカタログ請求のみ

提携数や特典の違いはあれど、間取り図をつくってもらえるサービスは、タウンライフだけ

間取りを考えるなら、無料で間取り作成をお願いできるタウンライフを利用しない手はないです。

利用者112万人!家づくり中なら使わないのは損

【 Q&A 】よくある疑問に回答

あき

わが家は使う前は何となく不安だったけど、使ってみたらなんで早くやらなかったんだろうと思ったよね。

くるみ

実際に使った立場から、よくある疑問に回答するね!

ホントに無料?

ホントに無料?あとからお金を請求されたりしない?

ホントに無料。一銭もお金は払ってないですよ。

わが家は、契約に進みませんでしたが、もしも気に入ったメーカーと契約することになっても、仲介手数料や余計な費用は一切ないとのこと。

しつこい営業や勧誘はない?

しつこい勧誘がありそう…。心配だけど大丈夫?

利用者の口コミを見てみると、営業電話が来た人もいるみたい。

でも申し込みのとき記述欄に、「連絡はメールのみでお願いします」と書き込んだから、電話や訪問の営業はこなかった。

わが家は、出した間取りの要望についての質問や、住宅見学会のお知らせのメールが届いたくらいで、ストレスになるようなことは、一つもなかったです。

気に入ったところがなければお断りしても大丈夫?

資料を依頼したメーカーに、お断りしても大丈夫なの?

あくまでも見積もりをとるサービスなので、無理にどこかと契約する必要はない。

契約の縛りはないので、安心して大丈夫です。

【簡単5分】間取りプランをもらう手順

間取りプランをもらう手順は、とても簡単。

自宅でできて、5分もあれば完了ですよ。

STEP
公式サイトにアクセス

まずは公式サイトにアクセス。

ここをタップ↓

画面中央の無料依頼スタートをタップ。↓

STEP
家を建てる都道府県・市町村を入力
STEP
間取りの要望を入力

できるだけ多くの要望をしっかり記入する。↓

  • 自由記入欄には、具体的な要望をできるだけ細かく書くのが理想の間取りをもらうポイント。

電話連絡等してほしくない場合は、自由記入欄に、「自宅訪問・電話連絡はご遠慮ください」と記入

STEP
間取り作成を依頼する会社を選択

間取り作成を依頼する会社を選ぶ。(地域によって変わる)

STEP
完了
くるみ

タウンライフ事務局から、特典「成功する家づくり7つの法則」のデータが届くよ!

\利用者112万人!無料で間取りをつくってもらえる/

まとめ:間取りプランを比較して、後悔のない間取りづくりをしよう

リビングの全体
サービスを利用するとこんな悩みが解決!
  • 自分にぴったりの間取りにしたい
  • 住宅会社から提案された間取りに、納得いっていない
  • 間取りで後悔しないか不安…

間取りづくりは、本当に難しい。だからこそ、失敗や後悔がとても多いポイント。

タウンライフ家づくりは、間取りの後悔を減らすためには、最適なサービス。

無料だし、デメリットも企業から連絡があるくらいなので、利用しない手はないですよ。

くるみ

後悔のない家づくりのために、やれることは全部やっておこう!

利用者累計112万人。家づくりをする多くの人が利用している、【あなただけのオリジナル間取り・見積もり・カタログ】をもらえるサービス。

  • 完全無料で、契約の縛り・仲介手数料など一切なし
  • 誰とも顔を合わせず、オンラインで完結
  • デメリットは、営業電話・営業メールがくること(対策が可能

\利用者112万人!家づくり中なら使わないのは損/

(申し込み後のお断りは自由です)

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次