【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

【脱衣所にクローゼット】洗濯がラクになるランドリールームの収納を解説

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 毎日の洗濯が面倒
  • たたみ終わった洗濯物を置きっぱなしにしがち
  • 家事に追われて、ゆったりした時間がとれない

洗濯作業って、ホントに面倒ですよね……。

洗濯機から取り出して、干して、収納場所に片付ける……。これが毎日だと億劫になりますよね。

くるみ

今日は疲れたから明日でいいかな〜。なんて思うこともしばしば・・・

あき

洗濯がラクになったらどんなに嬉しいことか・・・

洗濯が面倒でたまらなったわが家は、洗濯がラクになる間取りを目指し脱衣所を考えました。

その結果、毎日の洗濯にかかる時間が、賃貸のときの半分になったんです!

くるみ

家が建って数ヶ月経ちましたが、洗濯がラクにできるようになった喜びをいまだにかみしめてる…

この記事では、毎日の洗濯にストレスをかかえていて、これから新築を建てるあなたに、

洗濯がラクになる脱衣所の間取りをご紹介していきます。

洗濯作業がラクになれば、毎日のストレスが解消され、自由な時間が手に入りますよ。

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

洗濯がラクになるおすすめの間取り

洗濯をラクにするために、わが家が採用したのが「広めの脱衣所に、クローゼットをつくる」こと。

洗濯のストレスが消える間取り 脱衣所クローゼット

わが家は約4帖の脱衣所(ランドリールーム)に、計1帖ほどの収納スペースをつくりました。

くるみ

広めの脱衣所にクローゼットがあると、どうして洗濯がラクになるのかを解説していくよ!

結論、脱衣所にクローゼットをつくれば、洗濯作業がラクになる理由はこちら↓

Check!
  • 洗濯作業が大幅に時短になる から

洗濯作業が大幅に時短になる

脱衣所にクローゼットをつくれば、洗濯作業が時短になります。

なぜなら、洗濯動線に無駄がなくなるから。

くるみ

洗濯動線を考えておくのが、洗濯をラクにするコツ!

洗濯動線に無駄がなくなる

間取り図で見る動線

「洗濯動線」とは、一連の洗濯作業をするために体を動かす道のりのこと。

一般的な洗濯動線は、次のとおり。

一般的な洗濯動線
STEP
脱衣所
  • 洗濯物を取り出す
STEP
脱衣所・ベランダ・ランドリールーム
  • 洗濯モノを干す
STEP
脱衣所・ベランダ・ランドリールーム
  • たたむ
STEP
クローゼットがある部屋
  • 片付ける

この動線を効率的にできれば、洗濯作業が時短になります。

例えば、次の例を見てください。

洗濯動線の例
STEP
1階脱衣所
  • 洗濯モノを取りだす
STEP
2階ベランダ
  • ぬれた洗濯モノを2階に運んで干す
STEP
2階ベランダ
  • たたむ
STEP
2階子ども部屋
  • 子ども服を運ぶ
STEP
1階クローゼット
  • 夫婦の服を運ぶ
くるみ

この例は、洗濯ものをもって階段を上ったり下りたり大変そう……

あき

これ、ぼくの実家ね。

洗濯機の場所、干す場所、しまう場所がいろんなところに散らばっていると、洗濯作業が大変です。

特に干す場所や収納場所が2階だと、

  • 洗濯モノを2階に運ぶ
  • 着替えのたび階段を上り下りする

という動きが必要になります。

くるみ

毎日やるのは大変だし、時間も相当かかるよね……。

脱衣所を広くとってクローゼットをつくると

脱衣所にクローゼットをつくったら、洗濯動線がこのように変わります!

脱衣所にクローゼットがあるときの洗濯動線
STEP
脱衣所
  • 洗濯モノを取りだす
STEP
脱衣所
  • 干す
STEP
脱衣所
  • たたむ
STEP
脱衣所
  • しまう
くるみ

すべての作業が、脱衣所で完結!!

脱衣所だけで作業が完結すると、洗濯がラクに。

すべての作業を1歩でできる、わが家の脱衣所の間取りを紹介します。

【わが家の脱衣所】一歩しか動かない洗濯動線を紹介

くるみ

わが家のランドリールームがこちら!

収納たっぷりの脱衣所

まずは、全体写真から。

脱衣所の説明

左側には、可動式のハンガーポールが2段。

高さを変えられるので、将来収納するものを変えたくなっても安心です。

奥には、無印良品のスチールユニットシェルフを置いて、下着類を収納しています。

上部に夫婦、下部に子どもたちの衣類を収納。

個人ごと種類ごとに小分けして入れています。

あき

洗濯機のすぐ後ろの位置だから、一歩で片付けできるよ

くるみ

お風呂場出口の真横にあって、便利に使えるよ♩

造作のタオルストッカー

お風呂場出口横には、タオルストッカーがあります。

脱衣所 タオルストッカー

こちらに、フェイスタオルとビッグフェイスタオルを分けて収納。

下から見るとこんな感じ。引っぱり出すと一枚ずつ出てきます。

タオルストッカー下から見た

タオルは棚や引き出しに収納すると、取り出しやすい上の方から使ってしまいがち。

タオルストッカーなら下から使えるので、まんべんなくタオルを使えます。

くるみ

タオルを順番に使えるのが嬉しいポイント!

あき

お風呂出口の真横にあるから、タオルを前もって準備する必要がなくてラクだよ♩

一歩しか動かない洗濯動線

わが家の洗濯の流れは次の通りです。

STEP
洗濯する⇨おしゃれ着だけ取り出して干す

天井付のポールに、乾燥しない衣類を干す。

STEP
衣類を収納

かける衣類は後ろにかける、たたむ衣類は引き出し収納にしまう。

STEP
干していた衣類を収納

子どもたちの服は左側のハンガーポールに、大人の服はとなりの洋室のウォークインクローゼットに収納。

あき

子どもたちが大きくなったら、ここに大人の服を収納する予定。

洗濯作業が、1歩で完結するから、時短になってラクです。

洗剤の自動投入、乾燥機つきの洗濯機にするとさらにラクですよ。わが家の洗濯機↓

脱衣所クローゼットのよくある疑問に回答!

くるみ

ここからよくある疑問や悩みに答えていくよ!

脱衣所クローゼットは、どのくらいスペースが必要なの?

わが家の脱衣所の収納スペースは、約1帖です。(収納ボックスやタオルストッカーのスペースも含む)

この広さで、以下の衣類を余裕をもって収納できます。

  1. 家族4人の下着類
  2. 大人の使用頻度の高い衣類
  3. 2人の子どもの衣類

家族の人数が多ければ、その分必要なスペースは増えます。

大人の衣類も脱衣所にすべて収納するなら、さらにスペースが必要。

どのくらいスペースが必要かは、今使っているクローゼットの大きさを測って確かめてみてくださいね。

一緒に住む家族の人数は将来変わるかもなので、必要な収納量が変わる可能性も考慮しておくとよいです。

あき

わが子もいつか旅立つ日がくるのか…

くるみ

増えることも減ることも想定しておくと、安心だよね!

家族構成の変化に対応できる収納にしておく工夫が大切。

わが家はこんな工夫をしましたよ。

家族構成の変化に対応できる収納のアイデア
  • ハンガーポールを可動式にしておく
  • 備え付けでない収納ボックスをつかう
  • 多すぎず少なすぎない収納量にしておく

脱衣所に広いスペースをとれない。どうしたらいい?

あき

脱衣所は小さくして、リビングとかキッチンを広くしたい気持ちもあるよね

多くの時間を過ごす場所は、リビングやキッチン。

「長い時間を過ごす部屋こそ、広々させたい」と思うのは自然なことです。

脱衣所にスペースを割くのは、もったいないかもと思いますよね。

くるみ

でも考えてみて!

リビングやキッチンはもともと結構な広さがあるはず。

あと1帖増えただけでは、それほど広くなったとは感じないかもしれないです。

一方、脱衣所クローゼットの1帖分は、大きな影響があります。

あき

もともと狭い場所はちょっと広げるだけで効果大!

他の部分を削って脱衣所を広べれば、家事がラクになり大きな満足感が得られるはず。

どうしても1帖もとれないという場合は、

  • パジャマ
  • 子ども服
  • 下着
  • タオル

などお風呂上がりにつかうものだけでも、収納できるスペースを確保しておくのがいいですよ。

くるみ

季節によって使わない衣類は別のクローゼットに収納して衣替えするという方法もあるよ!

湿気は大丈夫なの?

あき

濡れた服やお風呂の近くに、クローゼットなんてあって湿気は大丈夫かなって心配だったんだよね。

くるみ

心実際に住んでみて全く問題なく使えているよ!

「洗濯物やお風呂の蒸気で、じめじめ…」

脱衣所には何となくこんなイメージがありますよね。

でも現在の戸建は高性能で、湿度の心配はほとんどいりません

家の一部に湿気がたまらないように、全室換気されている場合がほとんど。

一種換気システム
ドイツ生まれの一種換気システム STIEBEL ELTRON

わが家はこの換気扇が、各部屋についています。

24時間連続で稼働して、部屋の温度を変えずに、家全体の空気をきれいにしてくれています。

お風呂のドアも最近は高性能になっていて、湿気が漏れません。

ドアを閉めておけば、脱衣所にお風呂の湿気が漏れる心配はなし

お風呂を出たあとは、ドアを閉めてお風呂内の換気扇を回しています。

お風呂の換気扇スイッチをタイマー式にしておくと、時間になったら勝手に切れるので便利ですよ!

換気扇タイマー付き照明スイッチ
タイマー式の換気扇

まとめ:洗濯を楽にして、自由な時間を手に入れよう

この記事では、洗濯を楽にする間取りとして、「脱衣所クローゼット」を紹介しました。

脱衣所にクローゼットをつくれば、洗濯動線が短くなります。

毎日の洗濯にかける時間が減れば、自由に使える時間が増えます

もしも一日の洗濯にかかる時間が5分短くなったとしたら、1年間で30時間生まれます。

それを30年続けたら、37日分

あき

洗濯の動線、見直したくなるね!

間取りはあとからは変えられません。

家が建つ前に、洗濯動線をしっかり考えて、自由な時間を手に入れましょう!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次