【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

センス不要?注文住宅をおしゃれにする5つのコツ【新築マイホーム】

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • おしゃれな家にしたいけど、どうしたらいいのか分からない
  • おしゃれな家に憧れるけど、自分にはセンスがない
あき

おしゃれにしたいけど、センスないし、難しいんだろうな〜…

あと

大丈夫!センスがなくても、おしゃれにできるんだよ♩

「おしゃれはもって生まれた才能だから、自分には到底できっこない…」

このように思っているなら、それは違います!

たとえセンスがなくても、あなたの家はおしゃれにできる

知識さえ身につければ、誰でもおしゃれにできるんです。

この記事では、おしゃれな家にするコツを5つ解説します。

くるみ

これから紹介する5つのテクニックを使えば、おしゃれにぐっと近づく!

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

おしゃれな家にするコツ5選

おしゃれな家にするためのコツは次の5つ。

おしゃれにするためのコツ5選
  1. 配色を「70:25:5」にする
  2. 巾木を薄くする・窓枠を薄くする
  3. 換気扇・コンセントの色と位置を考える
  4. 照明をこだわる
  5. おしゃれなものにたくさん触れる
くるみ

一つずつ解説していくね!

配色を「70:25:5」にする

コツの一つ目は、「配色を70:25:5」にすること。

インテリアの色を大きく3つに決めて、色の比率をこの数字に合わせると、バランスのいい配色に仕上がります。

70:25:5」は、デザイナー界隈では有名な配色の法則です。

Chart by Visualizer
あき

配色の黄金比率と呼ばれていて、いろんなもののデザインに使われているよ!

この法則にしたがって、家具や小物の配色を決めていけば、色のバランスがとれたインテリアにできます。

くるみ

それぞれの数字を詳しくいこう!

ベースカラー70%

まずは家全体のベースとなる色。いわゆるベースカラーです。

ベースカラーは、全体の70%

Chart by Visualizer

部屋の大きな部分を占める、

  • 天井
  •  

の色です。

つまりはその部屋につかう壁紙の色がベースカラーになります。

家全体のカラーイメージの基礎を作る色で、この後で紹介するメインカラーを際立たせてくれます。

くるみ

壁と床は同じ色にしなきゃいけないの?と思うけど、そこは揃えなくても大丈夫だよ!

あき

床の木の色や植物は、どの色ともなじむから、ベースカラーとは別で考えて大丈夫だよ

  • 壁紙を白
  • 床材を茶色

にすると2色になりますが、どちらも合わせてベースカラーと考えてOK!

メインカラー25

次に家のメインとなる色。メインカラーです。

メインカラーをつかう比率は、全体の25%

Chart by Visualizer

メインカラーは、

  • ソファ
  • カーテン
  • ラグ
  • 大きな家具

といった大きな家具に配色すると、大体25%くらいになります。

メインカラーが家の印象を決める色なので、

こういった大きな家具の色を同系色にすれば、インテリアに統一感が生まれ、洗練された空間にできます。

あき

ソファもカーテンもラグも色を揃えたほうがいいんだね

くるみ

いろんな色を使ってバランスを整えるのは難しい。だから自信がないときは、色を使いすぎないのがポイントだよ!

アクセントカラー

最後にアクセントとなる色。アクセントカラーです。

全体の5%にアクセント(差し色)をいれることで、メインカラーを引き立ててくれます。

Chart by Visualizer

ファッションの話でも「靴下やアクセサリーで差し色を入れる」とよく聞きますよね。

インテリアの場合は、

  • 照明
  • 壁掛けアイテム
  • 雑貨
  • クッション

こういった小物にアクセントカラーを使って、部屋の各所にちりばめると効果的です。

アクセントカラーは何色をつかう?

あき

アクセントカラーは何色がいいかな?

アクセントカラーは

  • 重厚感がある濃いめの色
  • 鮮やかな明るい色

をつかうと、コントラストが生まれて強いアクセントがつきます。

補色といって、反対の色をつかうと、アクセント付けには効果的と言われています。

色相環図
対角にある色が反対色
あき

メインカラーが青なら、アクセントカラーはオレンジをつかうと際立つ!

くるみ

最近はあまりアクセントをつけすぎないのが流行ってるよ。好みに応じて決めてみてね!

配色のポイント
  • 濃淡の違いや同型の色は一色と考えてOK
  • 配色の比率は多少は増減してOK
  • 3色以上になってもいいが、色の使い過ぎはごちゃごちゃの元。
  • 色だけでなく素材もそろえると、さらに統一感が増す

わが家の配色

参考までにわが家の配色をご紹介します。

わが家のカラーコーディネートはこんな感じです。

ベースカラー【70%】

多くの部分をしめる壁や床は、くすんだホワイト

メインカラー【25%】

ソファ、キッチンのカップボード、カーテンは、 グレーやグレージュ

アクセントカラー【5%】

ペンダントライトや小物で、ゴールド (今後もう少し増やしていく予定)

あき

何より色をそろえることが初心者には大事だね!

わたしがいろいろなお家を見てきた中で、すてきだなと思った配色はこんな感じ。↓

くるみ

カラーコーディネートをいろいろ試すなら、マイホームデザイナーが便利だよ♩

どんな配色がいいかいろいろ試してみたいなら、「3Dマイホームデザイナー」がおすすめです。

こちらの記事でくわしく紹介しています。

巾木はばきを薄くする ・ 窓枠(下枠)を薄くする

おしゃれにする方法の2つ目は、

巾木はばきを小さくする・窓枠(下枠)を薄くする」です。 

巾木を薄くする

巾木(はばき)とは、壁と床材の間に付いている木のこと。

一般的な巾木
巾木(はばき)

一度は見たことありますよね。

この巾木、実は次のような役割があります。

巾木の役割
①壁と床の隙間を埋める

壁と床の間には小さな隙間を埋める

壁を守る

モップや足がぶつかって、壁が傷つくのを防ぐ

上の役割のとおり、巾木はあった方がいいものですが、ちょっと野暮ったい印象も。

そこで、巾木をおしゃれにし変えましょう。

その方法が、

巾木の厚さ・色を変える

下の写真は、わが家の巾木です。

白色で薄くした巾木
リビングの巾木
くるみ

通常よりうすい5cmで、色は壁と同色の

巾木を薄くして色を壁とそろえると、目立ちにくく、すっきりした印象にできますよ。

書斎はダークグレーのフロアタイルに、グレーの壁紙なので、巾木は濃いグレーを選びました。↓

書斎のグレー巾木
書斎の巾木
あき

木の色を使わないで、スタイリッシュな感じにできたよ!

巾木の厚さ

すっきりした印象にするために薄くする。

巾木の色

家全体のまとまりを出すために、壁と同色にする。

窓枠を薄くする

窓枠とは、窓の下にある板のこと。こちらも薄くできます。

窓枠薄い

薄くすると、スタイリッシュですっきりとした印象になりますよね。

わが家の窓枠はすべて、1㎝です。

色は壁紙とそろえることで、またまたスッキリ感を出しています。

グレーベージュの壁紙の寝室の窓枠
くるみ

巾木も窓枠も薄めがすっきりおしゃれ♩

換気扇・コンセントの色と位置を考える

換気扇

おしゃれにするコツ3つ目は、「換気扇・コンセントの色と位置を考える」こと。

間取り図を見ているだけでは、見落としがちな換気扇とコンセント。

この2つを目立ちにくい位置・色にしておくのが大切です。

換気扇・コンセントの位置

まずは位置。

換気扇とコンセントは目立ってしまうと、あまりよくありません。

とはいえ暮らしの快適さを考えならば、必要な場所につけなくてはならないですよね。

利便性を考慮しながら、できるだけ目のつきにくいところにつけるようにしましょう。

書斎のコンセントはデスク下

子ども部屋の換気扇はオープンクローゼットの中

換気扇・コンセントの色

つぎに色。

換気扇・コンセントと壁紙の色が合うか確認しておいてください。

一般的なものは白系の色で、白い壁紙なら目立ちにくいですが、

色がついているアクセントクロスに、白い換気扇がついていると悪目立ちしてしまうかも…。

一種換気の換気扇

「完成してからがっかり…」ということをなくすために、

換気扇とコンセントがついたときのイメージをもって、壁紙とのバランスを考えておくとよいですよ。

アクセントクロスはとくに注意!
  • アクセントクロスに、白い換気扇
  • アクセントクロスに、白いコンセント
あき

ちなみにコンセントは黒にもできる!書斎は黒にしたよ!

グレーの壁に黒のコンセント

間取り図を検討するときには、

  • アクセントクロスをどこに貼るか
  • 換気扇・コンセントがとりつく場所はどこか

この2つをしっかり確認しておきましょう。

照明をこだわる

4つ目のコツは、「照明にこだわる」。

照明はいろいろな種類があり、種類ごとにデザインも多種多様。

おしゃれな照明を選ぶだけで、家の雰囲気はがらりと変わります。

おしゃれにするには、照明はこだわっておきたいところです!

照明の種類

まずは照明の種類についてです。主な種類は次のとおりです。

照明の種類取り付け方
シーリングライト天井に取り付ける
ペンダントライトコードでぶら下げる
ブラケットライト壁に付ける
スポットライト壁に付ける
ダウンライト天井に埋め込む
シーリングライト
ペンダントライト
ペンダントライト
ブラケットライト
リビング照明スポットライト
スポットライト
シーリングライト
ペンダントライト
ブラケットライト
ブラケットライト
ダウンライト
ダウンライト
くるみ

ラインライトといって、細長いライトをつかった間接照明もおすすめ!

間接照明
キッチン下がり天井の間接照明
洗面台の間接照明

照明の色

照明の色にも、いくつかの種類があるので、こだわりましょう!

照明の色の種類
  •  電球色でんきゅうしょく  オレンジ色に近い温かみのある明かり
  •  温白色おんぱくしょく  オレンジと白の中間の明かり    
  •  昼白色ちゅうはくしょく  に近い白色のすっきりとした明かり

電球色

温白色

昼白色

昼白色や温白色などの白系の明かりは、ものが見やすいので次のような場所に向いています。

昼白色・温白色が向いている
  • 食材を扱うキッチン
  • 顔を見る洗面所
  • 洋服を着替えるウォークインクローゼット
  • 読書や勉強をする子ども部屋

「屋外に近い色で見たい」「細かい作業をする」こんな場所では、昼白色・温白色が使いやすいです。

一方、電球色のようなオレンジ系の明かりは、こんな場所に向いています。

電球色が向いている
  • リラックスして過ごすリビング
  • 就寝前にゆっくりできる寝室

温かな光でゆったりリラックスできる場所にしたいなら、電球色が向いています。

照明の色の使い分け

同じ空間で照明の色はを統一した方が、部屋全体の統一感が出ると言われています。

とはいえ、リビング・ダイニング・キッチンなどの広い空間では、照明の色を使い分けたいですよね。

わが家はこんな感じで照明の色を選びました。↓

くるみ

同じ空間にちがう色の照明をつかっても、電球色と温白色なら違和感はなかったよ!

まとめると、照明の色を決めるときには、次の2つを意識しながら決めていきましょう。

  1. 同じ空間での照明の色の統一感
  2. その場所ですることに合わせた、使いやすい照明の色
あき

色選びで困ったら、色を変えられる機能(調色機能)付の照明を選ぶのも手だね!

おしゃれなものにたくさん触れる

コツの5つ目は、「おしゃれなものにたくさん触れる」。

おしゃれな家にするためには、これが一番大切だとわたし自信の経験から思います・・・

おしゃれへの道は、センスではない。努力。

おしゃれな家にするためには、おしゃれなものをたくさん見てまねる。

たくさん見れば、自分のおしゃれ度は確実に磨かれていきます。

くるみ

実際わたしはまったくセンスないけど、周りの人からオシャレと言われる家にできたよ!

わたしが特にしたことは、次の2つ!

  1. おしゃれなものをたくさん見る (ブログ、Instagram、雑誌、モデルハウス)
  2. 自分がいいと思うもの・好きなものを見つけてまねる。

たくさんおしゃれなものを見ていると、自分の好きな雰囲気がどんな感じかが分かってくる。

「こんな感じの家にしたい!」という目標ができたら、似ている雰囲気の家をひたすら探して見あさりましょう!

あこがれのお家をマネして組み合わせることが、おしゃれへの近道だと思います。

くるみ

まねることこそ、学ぶこと!

まとめ:おしゃれはセンスではなく、知識と努力!

この記事では、家をおしゃれにするコツ5選として、5つのポイントを紹介しました。

家をおしゃれにする5つのコツ
  1. 配色を「70:25:5」にする
  2. 巾木はばき・窓枠を薄くする
  3. 換気扇・コンセントの色と位置を考える
  4. 照明をこだわる
  5. おしゃれなものにたくさん触れる

おしゃれはセンスではなく、知識と努力

紹介した5つのコツを参考に、あなただけのおしゃれな家をつくってくださいね。

この記事があなたの家づくりの参考に少しでもなれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次