【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

いらない?回遊動線のある間取りのデメリットからあなたに必要かを解説

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 「回遊動線」を取り入れるか迷っている
  • 何となく回遊動線にあこがれがある
あき

回遊動線ってかっこいいし便利そうで、なんか採用したくなるんだよね〜!

くるみ

わかる!でも理由なくつくると失敗するかもだよ!

回遊動線は根強い人気がある間取りですが、「人気だから」という理由で採用するなら、一度考えてみてほしいのです。

もしかしたら、回遊動線をつく“らない”方が、生活が快適になるかもしれません。

この記事では、次のことを解説します。

あなたの家にホントに回遊動線が必要か、つくるならどこの部屋に回遊動線をつくるか、これらを決める材料にしてくださいね。

くるみ

“便利な”回遊動線をつくろうね!

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

回遊動線ってそもそも何?

リビングから見たキッチン

そもそも回遊動線とはどんなものか、確認しておきましょう。

「回遊」の意味は、「=ぐるぐる回る」こと。

くるみ

ぐるっと一周できるようになっているのが、回遊動線の特徴♩

回遊動線のある間取りとは

部屋から部屋が輪のようにつながっていて、ぐるぐると回遊できる間取りのこと

回遊動線のメリット

回遊動線のメリットは、こちらの2つ。

回遊動線のメリット
  • 各部屋への移動が早くなる
  • 家が広く感じられる

各部屋への移動が早くなる

回遊動線のある間取りでは、各部屋への移動が早くなります

部屋から部屋へショートカットできるので、生活が便利に。

よく採用されている回遊動線は、次のとおり。↓

回遊動線の採用例
キッチン→ランドリールームをつなぐ
  • キッチンで料理をしながら、同時並行で洗濯物を片付けられる
玄関→お風呂をつなぐ
  • 外から帰ってきて、すぐにお風呂に入れる

家事に追われて忙しい毎日を送っている人や、効率的に家事をこなしたい人には嬉しいですよね。

あき

家事の効率が上がれば、ういた時間でまったりできる…♩

ショートカットできると、生活が便利に

家が広く感じられる

回遊動線があると、ぐるぐると家の中を回れます。

行き止まりがなくなると、家がオープンな空間になり、広く感じられるようになります。

くるみ

通り抜けできるのは気持ちいい♩

わが家は小さい子どもがいるので、回遊動線をぐるぐる走り回って遊んでいます。

行き止まりがなくなるのは、子どもたちにとっても嬉しいポイントのようです。

通り抜けできるから、家を広く感じられる

回遊動線のデメリット

あき

回遊動線は便利だし気持ちいいし、やっぱり魅力的だよね

くるみ

でも実は、デメリットもあるんだよ!

生活を便利にする回遊動線ですが、注意しなくてはならないデメリットがあります。

回遊動線のデメリットは次の2つ。

回遊動線のデメリット
  • 収納スペースが減る
  • 落ち着かない空間になるかもしれない

収納スペースが減る

一つ目のデメリットは、収納スペースが減ること。

回遊動線をつくると、通路(廊下)が増えます。

通路が増えるということは、収納棚をつけたり収納家具を置いたりするスペースが減る……。

通路に収納をつくることもできますが、そうすると今度は部屋が狭くなってしまいます。

通路が増える ⇨ 壁がなくなる ⇨ 収納スペースが減る

落ち着かない空間になるかもしれない

各部屋にアクセスしやすいなるのは、つまり「部屋の入口が2ヶ所になる」ということ。

入り口が多いと、オープンな部屋になるので、落ち着かない空間になるかもしれません。

プライバシーを重視したい部屋、例えば、

  1. 服を脱いだり着たりする脱衣所
  2. 着替えをするウォークインクローゼット
  3. まったり過ごす寝室

これらの部屋に回遊動線をつくると、リラックスできない空間になる可能性があります。

くるみ

人が入ってくると思うと、何となく落ち着かないことあるよね…

あき

マイホームなのに、リラックスしにくいのはイヤだね・・

ー 回遊動線のメリット・デメリット ー

メリット
デメリット
  • 各部屋への移動が早くなる
  • 家が広く感じられる
  • 収納スペースが減る
  • 落ち着かない空間になるかも

回遊動線はあなたにとって必要?

回遊動線のあるキッチン

回遊動線のメリット・デメリットを考えた上で、あなたにとって必要か考えていきます。

回遊動線をつくるべきかどうか、これは、人によって違います

どこにつくるとよいかも、人によって違う……

あき

回遊動線をつくることで、便利になる人もいれば、マイナスになってしまう人もいるということ・・・。

あなたにとって便利になるかどうかは、次の3つで変わります。

回遊動線の要否を分ける3ポイント
  1. 暮らし方
  2. 家の広さ
  3. 収納したいモノの量

ポイント① 暮らし方

家事を効率的にこなしたいのか、奥まった落ち着く空間にしたいのか。どんな暮らしをしたいかで回遊動線の必要性は変わってきます。

「料理をしながら洗濯も同時並行でやりたい」「帰宅したらすぐお風呂に入れるようにしたい」

こんな感じで具体的に「したい暮らし」があるなら、回遊動線はつくるべき!

回遊動線の場所ごとの、便利になること一覧をご覧ください。↓

よく採用される回遊動線便利になること
【キッチン→脱衣所】
料理をしながら洗濯できる 
【脱衣所→ウォークインクローゼット→リビング】
洗濯ものを片付けやすくでき、着替えやすくできる
【玄関→洗面所】
帰宅後すぐ手洗いできる
【玄関→お風呂】
汚れて帰ってきた子どものために
【玄関→パントリー→キッチン】
買ってきた食材をすぐにしまえる
【玄関→クローゼット→洗面所】
着替えてすぐ出かけられる
【パントリー→キッチン→リビング】
パントリーにアクセスしやすい
【寝室→トイレ】
夜間のトイレや介護で使いやすい
【寝室→ウォークインクローゼット】
起きてすぐ着替えられる

採用すれば「落ち着かない」「収納が減る」デメリットが出てきます。

でもそれよりも、ショートカットできる便利さを優先したいなら、あなたに合った回遊動線がつくれそうですよね。

くるみ

わが家は、この中の【パントリー→キッチン→リビング】の回遊動線を採用したよ!満足度は100点!

▼わが家がどうやって回遊動線を決めたかはこちら↓

ポイント② 家の広さ

床面積に余裕がない住宅で、回遊動線を無理につくってしまうと、窮屈な空間になってしまう可能性があります。

人が一人通るためには、

  • 最低でも600mm
  • 二人ですれ違うなら1200mmのすき間が必要。

モノをもって通るなら、さらにもう少し余裕がほしいところです。

狭い通路を無理やりつくって、使い勝手が悪くなっては、本末転倒……。

今住んでいる家で実際の長さを測りながら通路の幅をイメージしておきましょう。

ポイント③ 収納したいモノの量

回遊動線をつくると、壁だった場所が通路になり、収納スペースが減ります。

回遊動線によって便利にショートカットできても、収納が足りないのでは悲しい・・・。

回遊動線をつくったときに、十分な収納量が確保できているか、しっかり確認しておきましょう。

収納スペースの十分な量は、各家庭の生活スタイルによって違うし、同居する人数の変化によっても変わります。

今住んでいる家の収納を測って、あなたの家に必要な収納量を事前に調べておくのがよいです。

わが家はこんな感じで収納量が十分かを考えました。↓

収納量をチェック!
  1. 今住んでいる家の収納の寸法を測る
  2. 計画中のマイホームの収納の寸法と比べる
  3. 将来のことを考えながら、十分な収納量があるかを確認

収納量が足りなさそうなら、回遊動線よりも収納を優先した方が満足度は上がるはず。

十分な収納量の確保ができてから、回遊動線を考えましょう。

あき

収納量の確認は大変だけど、満足いく家にするにはとっっっても大事だよー!

くるみ

めんどうだけど、がんばろうっ!

まとめ:回遊できる間取りは、自分にとって必要かを考えよう

回遊動線のメリットとデメリットを確認しておきます。

回遊動線のメリット
  • 各部屋への移動が早くなる
  • 家が広く感じられる
回遊動線のデメリット
  • 収納スペースが減る
  • 落ち着かない空間になる可能性がある

回遊動線は部屋にアクセスしやすくなり、生活が便利になる反面、

壁がなくなることで、収納スペースが減ったり落ち着かない空間になったりします。

だからこそ回遊動線をつくるときは、よく考えた方がいいというわけです。

場合によっては、家の耐震能力が下がったり、家の坪数が余計に増えてコストが上がったりすることもあります。

回遊動線をつくるなら、あなたが便利にしたいことはどんなことかを考えておきましょう。

よく採用される回遊動線便利になること
【キッチン→脱衣所】
料理をしながら洗濯できる 
【脱衣所→ウォークインクローゼット→リビング】
洗濯ものを片付けやすくでき、着替えやすくできる
【玄関→洗面所】
帰宅後すぐ手洗いできる
【玄関→お風呂】
汚れて帰ってきた子どものために
【玄関→パントリー→キッチン】
買ってきた食材をすぐにしまえる
【玄関→クローゼット→洗面所】
着替えてすぐ出かけられる
【パントリー→キッチン→リビング】
パントリーにアクセスしやすい
【寝室→トイレ】
夜間のトイレや介護で使いやすい
【寝室→ウォークインクローゼット】
起きてすぐ着替えられる

自分の暮らしに合う回遊動線は、ホントに便利です。

暮らし方や家の広さ、収納量を考えながら、回遊動線を検討してみてくださいね。

くるみ

あなたにぴったりの回遊動線ができることを願ってるよ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次