【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

注文住宅の間取りの決め方!後悔・失敗しないコツ3選【一戸建て】

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 間取りで悩んでる
  • 間取りで失敗したくない!

注文住宅の計画で、一番重要なのが、「間取り決め」。

あき

一番初めに話し合うのが間取りで、一番難しいのも間取り。

くるみ

「おしゃれで、暮らしやすくて、快適な家」にするために、間取り決めのときは、寝る間も惜しんで考えたよね・・・

この記事では、わが家が学んたことや経験してきたことをもとに、

間取りで後悔しないコツを紹介します。

この記事を読めば、あなたが間取りで後悔する確率をぐっと減らせるはず。

▼ 間取りで後悔しないために使っておくべき無料サービスは、こちらの記事で。

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

注文住宅の間取りで後悔しないコツ3選

間取りで後悔しないコツは、次の3つ。

間取りで後悔しないコツ3選
  1. みんなの後悔ポイントを知る
  2. 自分のしたい暮らしを考える
  3. できあがった間取りをチェックする

①みんなの後悔ポイントを知る

間取りで後悔しないコツ1つ目は、「みんなの後悔ポイントを知る」こと。

実際に家を建てた経験者たちの生の声は、住宅会社の人からは聞けない、とっても価値のある情報です…!

後悔ポイントを調べることは、「同じ失敗を避ける」ために必須。

よく目にする後悔ポイントは、次のとおり。

よくある間取りの後悔
  • 間取り
    • ドアを開けると玄関からリビング丸見え
    • 横並びダイニングがよかった
    • WICの位置悪くて洗濯大変
  • 設備
    • ベランダいらなかった
    • 室外機の場所考えてなかった
    • 収納全体的に足りなかった
    • コンセント位置失敗した
    • 照明のスイッチ位置失敗した
    • センサーライトが明るすぎた
    • 窓大きすぎて日差しが熱い
    • ロフトは老後に使えなくなりそう
  • 玄関
    • 狭すぎて収納足りない
    • センサーライトにすればよかった
    • すぐにところに手洗い場ほしかった
    • コートかけるところつくればよかった
  • リビング
    • LDK広すぎて掃除大変。エアコン効き目悪い
    • 思ったより狭かった
    • 収納スペースほしかった
    • 日当たりが悪かった
    • 完成のイメージが違った
    • キッチン
    • 収納足りなかった
    • 狭かった
    • 高さが合わなかった
    • オープンキッチンやめればよかった
    • 換気扇掃除が楽なのにすればよかった
  • パントリー
    • つくればよかった
    • 棚の奥行きが深すぎた
  • トイレ
    • 収納量少ない
    • 2階にほしかった/いらなかった
    • 音がもれる
    • センサーライトにすればよかった
  • 洗面所
    • 洗面脱衣を分ければよかった
    • タオルハンガーつければよかった
    • タッチレス水栓にすればよかった
    • 窓ほしかった
  • 脱衣所
    • 洗濯干しスペース足りなかった
    • 近くにクローゼットほしかった
    • 収納足りなかった
    • コンセント足りなかった
  • お風呂
    • 窓いらなかった
    • 狭かった/広くしすぎた
    • 棚つければよかった/いらなかった
    • 浴室乾燥機いらなかった
  • 寝室
    • いろいろ置くことになり狭かった
    • となりの部屋の音が騒がしかった
    • 寝室にクローゼットいらなかった
  • 階段
    • 踊り場が危険
    • 曲がり階段は掃除しにくかった
    • スケルトン階段にしたから階段下収納できなかった

後悔ポイントはイメージづくりにも役立つ

後悔ポイントを知るメリットは、他にもあります。

それは、家づくりのイメージづくりになるということ。

同じ立場だった先輩たちの意見を見聞きする中で、「自分はどんな家にしたいかな」と家づくりのイメージができてきます。

くるみ

後悔ポイントを見ていくうちに、こんな家にしたいという思いができ上がっていくよ!

例えば、後悔ポイントを見ていく中で、正反対の意見に出会ったとき。↓

正反対の後悔ポイント

お風呂を広くすればよかった・・・

お風呂を広くし過ぎた・・・

後悔する内容は、人それぞれ少しずつ違います。

みんなの意見を知ることが、自分はどうしたいかを考えるきっかけになるんです。

まずは後悔ポイントをたくさん調べて、「こんな家にしたい」というイメージづくりをしていきましょう。

あき

後悔ポイントは見飽きるくらい調べておこう!

▼ Instagram100アカウント、30の家づくりブログで、語られていた後悔ポイントを全部まとめました↓

▼ めちゃくちゃ調べて考えたけど、できてしまったわが家の後悔ポイントはこちら↓

②自分のしたい暮らしを考える

間取りで後悔しないためのコツ2つ目は、「自分はどんな暮らしがしたいのか」を深く考えること。

例えばこんな感じ。

こんな暮らしがしたい!の例
  • 共働きで忙しいから、家事を楽にしたい
  • 掃除がきらいだから、掃除の手間を減らしたい
  • カフェで過ごすような、優雅な時間を自宅でもちたい
  • モノが多いから、片付きやすくしたい
  • 明るくて、風通しのいい家で暮らしたい
  • 子どもたちと安全に楽しく過ごしたい
  • 家族みんなで気軽にバーベキューがしたい
  • ヨガができる広いスペースがほしい
  • 映画や音楽に浸りたい
  • 自転車が趣味で、いつも自転車を眺めながら、メンテナンスもしたい
  • ゲームが趣味で、没頭できる空間をつくりたい

自分はどんな暮らしがしたいのかを、間取りを決める前にじっくり考えておくのが大切。

そして、要望を住宅会社の人にしっかり伝えましょう。

間取りを考えてくれるのはプロの設計士の方ですが、要望がぼんやりしていては、いい間取りはつくれません・・・。

だからこそ、「自分がどんな暮らしがしたいのか」を間取りが決定する前に考えておきたいですね。

くるみ

くるみの家づくりブログを、ぜひ参考にしてみてね!

家族で話し合う

暮らしを考える中で外せないのが、家族との話し合い。

話し合いというより、お互いがどんな暮らしがしたいかの意見交換という感じ。

あき

お互いの意見がぶつかるときもあるけど、夫婦が納得できる家をつくるために必要な時間だよね

くるみ

相手の気持ちを知って、お互いに歩み寄って決められるといいね

わが家では、夫婦それぞれにしたいことがあって、意見がぶつかることもありました。

そのときは、お互いに歩み寄ったり、妥協できるラインを見つけたり、お互いが調べた情報を共有したりして、一つずつ話し合ってきめました。

一生に一度の大きな買い物だから、お互いの思いがあって時にぶつかるのは当然。

そんなときこそ、落ち着いてじっくり話し合って、家族みんなが満足できるラインを見つけたいですね。

あき

わが家はインテリアの配色をどうするかで、意見がぶつかったけど、書斎をつくることになって、そこは自由にしていい感じだったから、インテリアは任せることで納得したよ。

少しハードルは上がりますが、話し合った内容は文字に残しておくと、あとで忘れる心配がないです。

家づくりは考えることが多すぎて、時に忘れてしまうので。(わが家だけ?)

LINEにやりとりを残しておくのでもいいので、夫婦それぞれの思いを二人で共有して、協力して家づくりをしていきたいですね。

実物をたくさん見る

写真や画像を見てイメージを膨らませるのはもちろん大事ですが、

一番はやっぱり、実物を見ること。

住宅の完成見学会には、できるだけたくさん通うのがおすすめです。

くるみ

わたしたちは、全部で20軒は見たよね!笑

あき

時間がかかるし、営業の方と話すのは億劫だけど、いっぱい見て回ったのがホントにためになったね

実際の家を見ると、自分たちのしたい暮らしが見えてきます。

時間はかかってしまいますが、わが家はたくさん見に行ったからこそ、間取りの後悔が減らせたと思っています。

また、間取り図と実物を見比べられるので、間取り図から実物をイメージする力が磨かれていくという点でも効果的ですよ。

後半は、間取り図を見るだけで、「ああ、こんな感じね」と想像できるようになってました。笑

Check!

一つ注意点は、住宅展示場にあるモデルハウスは、一般的な仕様ではないためあまり参考になりません。いろんな会社の「完成見学会」にいくのが◎。

要望に優先順位をつける

したい暮らしを考えていくと、どうしてもあれこれもやりたくなってきます。

何でもかんでも実現するのは、構造や予算の都合上難しいので、要望には事前に、優先順位をつけておきましょう。

あき

わが家は3つに分けたよ!

要望には優先順位をつける
  1. 必ずやりたいこと
  2. できればやりたいこと
  3. できなくてもいいこと
くるみ

わが家の「必ずやりたいこと」は、洗濯動線を楽にすることやキッチンダイニング横並びだったよ〜!

あき

やめたことは、平家、1階寝室、大スペースの玄関などだよ

③できあがった間取りをチェックする

「やっと完成!」と思った間取りも、最後にしっかり確認しておくのが大事。

なぜなら、工事が始めってしまってからでは、間取りの変更が間に合わないから。

間取りはしつこくしつこく、「これで本当にいいか」を確認してくださいね。

あき

わが家は、間取りの打ち合わせだけで数ヶ月かけたよね

くるみ

入念なチェックが、後悔をなくす!

間取りのシミュレーションをする

間取りのシミュレーションができるアプリが、いろいろあります。

間取りシミュレーションとは、

 間取り図を入力すると、3D映像が自動的に作られるというもの

出来上がった間取りを3D映像で確認できるので、暮らしのリアルなイメージがもてて便利です。

無料のものもありますが、正直使い勝手はいまいちでした・・・。

そこでわが家では、間取り検討中に「3Dマイホームデザイナー」というソフトを使ってシミュレーションしました。

そのソフトでつくった画像がこちら↓

3Dマイホームデザイナーで作成
実際のわが家
あき

左の画像は、家を建てるずっと前につくった画像なんだよ。家ができ上がる前から、完成のイメージができたのは本当にありがたかった。

くるみ

これのおかげで安心できたよね。わが家で家づくりのために購入してよかったものNo.1です!

土地がまっさらな状態のときから、家の中の完成イメージが確認できるなんて、これほどありがたいことはなかったですよ。

「この間取りで本当にいいのかな・・・」と不安な方は使ってみるのがおすすめです。

お値段は1万円ちょっとしますが、使用後メルカリなどで売ればOK。

▼3Dマイホームデザイナーの体験談はこちら↓

間取りを見比べて確認

間取りが完成したあと、この間取りで本当に大丈夫なのかな?と不安になることがあります。

実際わたしがそうでした・・・

そんなときは改めて、他の間取りと見比べてみるのがとても大事。

今の間取りで本当に間違いないか確認をかねて、間取りのチェックをしておきましょう。

無料で間取り図をつくってもらえるサービスがあるので、まだ使ってない人は使ってみるといいですよ。↓

まとめ:間取りで後悔しないために

間取りで後悔しないコツ3選
  1. みんなの後悔ポイントを見る
  2. 自分のしたい暮らしを考える
  3. できあがった間取りをチェックする

最初にも言いましたが、間取り決めは一番最初にやってくる一番大事な決め事です。

この記事で紹介した3つをしっかりやっておけば、間取りの後悔はぐっと減らせるはず。

くるみ

あなたが後悔のない家づくりができるよう応援しています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次