【無料】間取りをつくってもらう⇨タップ

火災保険はいつまでに入る?事前に知っておくべき注意点を解説

この記事はこんなあなたにおすすめ
  • 火災保険の手続きをいつまでにすればいいか分からず不安…
  • 損しないタイミングを知りたい…!

家の計画をすすめるのが忙しくて、火災保険まで手が回らないですよね。

その結果、しっかり検討せずに割高な保険に加入してしまう・・・なんてことは避けたいところ。

そこでこの記事では、次のことを解説します。

  • 火災保険にいつまでに加入すればよいか
  • 火災保険で事前に知っておいた方がいい注意点は何か

損をしないで火災保険に入るために、スケジュールをしっかり把握して準備していきましょう。

あき

火災保険は複雑で難しいから、しっかり準備するのが大切。準備の仕方はこの記事を読めばわかるよ!

▼ 火災保険の一括見積りはこちらがおすすめ

  • あなたに合った安い火災保険が見つかる
  • 見積もりをもらっても契約の縛り一切なし
  • 納得できなければ断れる

\ 無料で見積もり依頼 /

目次

オススメ記事

▼やらないともったいない、112万人が利用した間取りサービスの記事はこちら↓

火災保険は、いつまでに入ればいいの?

吹き抜けのリビングとグレージュのキッチン

まずは、火災保険にはいつまでに加入すればよいかを解説します。

結論、火災保険には、引き渡しの2週間前までに入るとよいです。

引き渡しの2週間前までに契約手続きを

マイホーム引き渡し日から、家の責任へと移ります。

火災保険の補償開始日は、住宅の引き渡し日にしましょう。

そのために引き渡し日の前までに、契約を済ませておきたいところ。

引き渡しの2週間前までには契約手続きをしておけば、直前になって慌てる心配がなく安心

準備・スタートはできるだけ早い方がいい

くるみ

2週間前に契約手続きをするということは、それまでは何をすればいいんだっけ?

あき

住宅の坪数や構造が分かったら、まずは見積もりをしてみて情報を集めるといいよ!

火災保険を選ぶときには、

  • どこの保険会社と契約するのか
  • どんな保険内容にするのか

自分にとって最適な保険を探すため、じっくり比較検討する時間が必要。

住宅の坪数や構造が決まったら、正確な保険料が見積もれます。

心配な人は、早いうちから少しずつ準備を始めていくのがよいと思います。

具体的にどのくらいかというと、

火災保険の比較検討は引き渡しの2か月前くらいからスタートすれば、余裕持って比較検討できる

あき

早すぎて困ることはないから、心配なら早めに準備しておこう!見積もりで正しい金額が出せないと比較できないから、家の坪数や構造(T構造とかH構造など)が決まってからがベスト

火災保険を比較する

準備ってどんなことをすればいいの?

キッチンと吹き抜け

火災保険に加入する前に、するべきことは次の3つ。

火災保険に入る前に、するべき3つの準備
  1. 自分に合った補償内容を決めておく
  2. 相場を知っておく
  3. 一括見積もりサービスを申し込む

損をしないで火災保険に入るためには、保険会社ごとの比較検討が不可欠。

比較検討するための準備をしっかりしておきましょう。

自分に合った補償内容を決めておく

1つ目に、「自分に合った補償内容を決めておく」こと。

火災保険は火事だけでなく、住宅のいろんなトラブルに対しての補償があります。

どの補償をつけるかは自分で選ぶことができますよ。

火災保険の主な補償内容
  • 火災・落雷・爆発
  • 風災・雪災・ひょう災
  • 水災
  • 盗難
  • 物体の衝突・落下
  • 騒じょう
  • 破損汚損
  • 地震保険
  • その他付帯オプション多数…

補償をたくさん付ければその分、保険料は高くなり、補償を削れば安くなります。

あなたのお家には、必要度が低い補償もあるかもなので、

どの補償が必要かを考えて、補償内容を決めることが大切です。

あき

補償内容の決め方がわからない人は、この記事で分かりやすく解説しているから読んでみてね!

相場を知っておく

2つ目は、「相場を知っておく」こと。

相場を知らないと、保険料を見積もってもらっても、高いのか安いのかが分かりません。

相場を知っておけば、自分の希望する補償内容で最安の保険会社を探すことができます。

相場を知ることは、損しないための第一歩

保険料の相場は、一年間で1~4万円

1~4万円とひらきがあるのは、付ける補償内容によって、保険料が大きく変わるから。

あき

相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてね!

情報を集めるためには、一括見積もりがおすすめ

3つ目は、「火災保険の一括見積もりを申し込む」こと。

あき

火災保険をお得に契約したいなら、無料の一括見積もりサービスをつかうのがおすすめだよ。

複数の保険会社で合い見積もりをとって比較することで、保険料を安くできます。

火災保険は保険会社ごとの違いが多く、複数の会社を探して一つずつ見積もりをとっていくのは大変。

そんなときに利用すべき、便利なサービスが火災保険一括見積もり

あなたの要望に合った保険会社を手間なく探すために、一括見積もりサービスをつかいましょう。

あき

実際につかってみたけど、情報集めが無料でできるから、使っておいた方がいいよ!

  • あなたに合った安い火災保険が見つかる
  • 見積もりをもらっても契約の縛り一切なし
  • 納得できなければ断れる

\ 無料で見積もり依頼 /

まとめ:スケジュールを把握して余裕をもって比較検討しておこう!

火災保険の準備は、引き渡しの2カ月以上前から始めましょう。

不安ならもっと早く準備し始めても問題ありません。

あき

心配性なら、かなり早いタイミングで一括見積もりを申し込んで、その後じっくり検討する時間をつくるのがいいよ

  • 火災保険の知識がなくて不安・・・
  • 損をしないで火災保険に加入したい

こんな方は、家の構造や坪数が決まったら、早めの準備がおすすめ。

余裕をもって準備して、家だけでなく火災保険も後悔のない選択をしてくださいね。

  • あなたに合った安い火災保険が見つかる
  • 見積もりをもらっても契約の縛り一切なし
  • 納得できなければ断れる

\ 無料で見積もり依頼 /

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次